産経ニュース

他局の取材音声を無断使用、鹿児島テレビに「放送倫理違反」 BPOが意見

地方 地方

記事詳細

更新


他局の取材音声を無断使用、鹿児島テレビに「放送倫理違反」 BPOが意見

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は10日、他局が録音した取材音声を無断使用した鹿児島テレビ(鹿児島市)の番組について、「取材・制作の過程は『適正』とはいえず、放送倫理に違反している」とする意見を発表した。

 委員会決定によると、同局は昨年6、8月、情報番組「ゆうテレ」や「チャンネル8」で、鹿児島県内にある高校の男子新体操部の活動を計3回紹介。派遣スタッフが取材当時、同じ現場にいた南日本放送(鹿児島市)が許可を得てワイヤレスマイクで収録していた監督の音声を無断で傍受し、録音していた。

 委員会は「他局の取材成果を無断使用してはならないことは、放送人としての常識」と指摘。その上で、人手が足りない現場の状況について「ただ指示される仕事に追われて疲弊し、仕事が次のステップにつながらず、雇われる人間が尊重されない企業からは何も生まれない」と注文を付けた。

 鹿児島テレビは「決定を重く受け止めている。すでに取材から放送までのチェック体制を見直すなどの再発防止に取り組んでおり、今後とも視聴者の信頼を回復できるよう全力で取り組んでいく」とコメントした。

 同局は昨年10月、今回の放送について総務省九州総合通信局から電波法違反を指摘され、厳重注意処分を受けている。