産経ニュース

汚染水漏れで首相「最高責任者として状況を把握し対処している」

地方 地方

記事詳細

更新


汚染水漏れで首相「最高責任者として状況を把握し対処している」

 参院は23日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、予算委員会を開いた。首相は、東京電力福島第1原発の汚染水漏れについて「『(自身が発言した)状況がコントロールされている』というのは、行政の最高責任者として状況を把握し、その対処を行っているという意味だ」と強調した。

 首相はまた、東電幹部が「コントロールできているとは思わない」と、自身の見解を否定したことに対し、「貯水タンクからの汚染水漏洩(ろうえい)などの事象は、確かに発生している。さまざまな事象が起きていることへの認識だろう」との考えを示した。

 同時に「福島の漁業者は、事実と異なる風評被害に苦しんでいる。事実を示すことが大切だ」とも説明した。

 民主党の増子輝彦氏の質問に対する答弁。参院予算委の開催は、7月の参院選で「衆参ねじれ」が解消して以降、初めて。