4つの勝で験担ぎ 勝負事祈願、勝間田神社「参勝祭」 岡山・勝央町 - 産経ニュース

4つの勝で験担ぎ 勝負事祈願、勝間田神社「参勝祭」 岡山・勝央町

 勝央町の「勝間田神社」で、勝負事を祈願する「参勝祭」が行われた。所在地(勝田郡勝央町勝間田)と神社名を加えると「勝」の文字が4つ並ぶ同神社の御利益を求め、参拝者は受験合格や事業の成就などを祈願した。
 同祭は、地域活性化につなげようと、地元「津山きもの学院」学院長の井並靜余さん(71)が、同神社の協力を得て平成27年から始め、今年で4回目。古来、縁起が良いとされる奇数(陽)の中でも、一番大きな「9」が重なる重陽の節句の9月9日に毎年行われている。
 今年も同日午前9時9分に開始。祝詞が上げられ、参拝者は玉串を奉納し、お守りをはじめ、験担ぎの「勝福たまご」や「勝負下着」などが授与された。
 合格祈願をしたという美作市立美作中3年の奥西瑛大(えいた)さん(14)は「将来は介護士になりたい。御利益をもらいながら、志望校目指して本気で勉強したい」と意気込みを見せていた。
 井並さんは「不思議とみなさん御利益を感じられている。参勝祭とあわせ、地域全体がパワースポットになればうれしい」と期待を寄せた。