7月の倒産数7件 負債額前月下回る 長野 - 産経ニュース

7月の倒産数7件 負債額前月下回る 長野

 帝国データバンクが発表した7月の県内企業倒産集計(負債総額1000万円以上、法的整理)によると、倒産件数は7件で負債総額が16億9800万円に上り、ともに前月を下回った。
 件数は4件減少し、負債総額は31億6200万円減った。業種別では、「サービス」が3件と最も多く、「小売」「卸売」「運輸・通信」「不動産」が各1件。地区別では「北信」「中信」「南信」が各2件、「東信」は1件だった。
 倒産の態様別では、破産が5件、民事再生法と特別清算が各1件。「サービス」のうち、宿泊施設の倒産は増加の一途をたどっており、倒産件数が7月末時点で10件と、前年の年間件数を既に上回っている。