東京国際クルーズターミナルの開業は32年7月14日

 

 江東区に整備中の「東京国際クルーズターミナル」について都は、2020年東京五輪・パラリンピック開幕直前の平成32年7月14日に開業すると発表した。

 また、開業に伴い入港する最初の船はロイヤル・カリビアン・インターナショナル(米国)の「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」。同船は約16万8千トンで乗客定員は4246人。都によるとアジアの客船では最大級で、来年4月に就航予定という。

 小池百合子知事は7日の定例会見で、「(東京)大会盛り上げに弾みが付くことが期待される」と述べた。