ろうそくに祈りを 橋本の光三宝荒神社で献灯祭 - 産経ニュース

ろうそくに祈りを 橋本の光三宝荒神社で献灯祭

 「火の神」「台所の神様」として広く信仰を集める橋本市の光三宝荒神社で、恒例の「献灯祭」が営まれた。大勢の参拝客らがともす約1万本のろうそくの明かりで幻想的な光景となった。
 西日本豪雨の犠牲者に黙祷(もくとう)をささげた後、約150基の灯籠が真言を唱える信者の手送りで運ばれ、境内の棚に並べられた。続いて参拝者が、境内に設置された高さ約2メートルの巨大な燭台に、「身体健全」などの願い事が書き込まれた長さ約20センチのろうそくを次々と立て、灯をともし合掌した。
 創建から900年以上の同神社は日本三大荒神の一つとされる。献灯祭は約60年前から続いている。