東芝子会社、柏崎で製造の蓄電池が欧州安全規格を取得 - 産経ニュース

東芝子会社、柏崎で製造の蓄電池が欧州安全規格を取得

 東芝の子会社、東芝インフラシステムズは、柏崎市の柏崎工場で製造しているリチウムイオン電池を使った蓄電池システムが欧州の鉄道車両向け安全規格の認証を取得したと発表した。リチウムイオン電池を活用したシステムでの取得は初めてという。
 自社開発のリチウムイオン電池は充電時間が短く、寿命が長いのが特長。電池の負極に炭素を使っておらず、異常発熱を起こしにくい構造などが評価された。
 厳格な安全性が求められる鉄道に蓄電池が搭載される例はこれまで少なかった。