フラダンスで復興支援 8日に船橋でハワイアンフェス - 産経ニュース

フラダンスで復興支援 8日に船橋でハワイアンフェス

 県内最大級のフラダンスの祭典「ふなばしハワイアンフェスティバル」が8日、船橋港親水公園(船橋市浜町)周辺会場で開かれる。船橋と東北の被災地をつなぐ復興支援イベントで、実行委員会は来場を呼びかけている。
 祭典は平成23年から続けられており、今回は福島県いわき市を拠点とする「ハーラウ・ラウラーナニ」などフラチーム40団体、総勢約850人が出演し、華やかに踊る。また、約50人がウクレレを演奏する。
 会場には船橋の飲食店などが出店。おいしい料理を味わうことができる。また、ハワイアン雑貨などを販売する。売り上げの一部は復興支援活動に役立てる。
 茂木智広実行委員長は「被災地を支援し、船橋を盛り上げていきたい。祭典はボランティアで運営しており、夏の終わりの風物詩として市民に愛されるイベントに育った。ベイエリアをハワイにして、東北地方から笑顔を届ける。楽しんでほしい」と語る。
 午前10時45分~午後7時。夕暮れ時の午後5時45分から「みんなでフラ」を行い、フラダンサーと来場者が参加して1千人規模で踊る。入場無料。