天神中央公園の飲食施設 西鉄など設置予定者に 福岡

 

 福岡県は4日、天神中央公園(福岡市中央区)に設ける新たな飲食店の設置予定者に、西日本鉄道を代表とするグループを選んだと発表した。県が公募していた。

 設置するのは、公園の西中洲側エリアで、博多と天神を結ぶ新たな交流拠点にしようと、県が整備を進めている。西鉄など5社で構成するグループは、カフェやレストラン、休養施設の3棟を提案した。いずれも平屋建てで、そばの那珂川などを眺められるガラス張りを計画している。

 来年8月に開業予定。公募には5グループが応募し、次点は大和リース(大阪)を代表とするグループだった。