キレキレ技で久留米PR ダンスチームを動画に起用

 
久留米市が「九州男児新鮮組」を使って制作したPR動画の一場面

 福岡県久留米市は、国内外で活躍する地元のダンスチーム「九州男児新鮮組」を起用した市のPR動画を制作、インターネット上で公開した。四季折々の花が観賞できる石橋文化センターや果樹園など、多くの観光地を背景に、キレのあるダンスが展開され、再生回数も順調に伸びている。

 九州男児新鮮組は小学1年~20代のメンバー約20人が所属し、主にブレークダンスを披露する。2015年に米国で開催された世界大会で優勝し、各地のイベントにも数多く出演している。

 動画は約2分20秒で、頭を床に付けた状態で回る「ヘッドスピン」や背面に回転する「バク宙」などアクロバティックな技が繰り出される。一息ついた感じで久留米ラーメンを食べるなどコミカルな場面も盛り込んだ。

 市が7月中旬に特設サイト「久留米シティプロモーション」で公開すると、再生回数は約1カ月で20万を超えた。担当者は「知名度の高いチームのおかげ。多くの若者に久留米を知ってほしい」と話した。