23日にW杯1年前イベント 熊谷ラグビー場、見学会など

 

 県は2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の機運を盛り上げるため、23日に1年前イベントを熊谷市の熊谷ラグビー場周辺で開催する。先月改修工事を終えたラグビー場の見学会(先着500人、申し込み不要、午前10時受付開始)や人気アイドルへの開催都市特別サポーター任命、県と岩手県の往年の名選手による「開催都市ラグビー対抗戦」などでPRする。

 特別サポーターに任命するのは、「モーニング娘。’18」などが所属する「ハロー!プロジェクト」のメンバーとOGの中で県出身の10人。当日午後0時50分ごろからの任命式には中島早貴さんと浜浦彩乃さん(こぶしファクトリー)が出席予定となっている。

 一方、ラグビーW杯を応援するのは人間だけではない。県の「コバトン」や深谷市の「ふっかちゃん」など県内のご当地キャラクター19キャラによるラグビー応援団「ゆる玉フィフティ~ン」が4月から活動している。

 1年前イベントでは、秩父市の「ポテくまくん」など21キャラが新たに任命される。

 午後2時10分ごろからは「オール埼玉・熊谷対オール岩手・釜石」として、元日本代表の桜庭吉彦氏ら往年の名選手がそれぞれの県を代表して試合を行う。