台風21号、降水量300~500ミリ予想 静岡県、災害注意呼びかけ - 産経ニュース

台風21号、降水量300~500ミリ予想 静岡県、災害注意呼びかけ

 非常に強い台風21号は勢力を保ったまま4日午後に県内に最接近するとみられており、県や静岡地方気象台は最大級の警戒を呼びかけている。
 3日に県庁で開かれた危機管理連絡調整会議で同気象台は、台風21号による雨量は多いところで1時間当たり80ミリに達し、24時間降水量は4日正午までに100ミリ、5日正午までに300~500ミリに及ぶとの予報を公表した。4日の最大風速は陸上15メートル、海上22メートル、最大瞬間風速は陸上30メートル、海上35メートルと予想されており、沿岸部の波の高さは遠州南で9メートル、中部南と伊豆は8メートル、東部で6メートルになりそうだ。
 台風がこのまま北上すれば、県内では4日朝に波浪警報、同日昼頃に大雨洪水警報の発令が見込まれる。このため県危機管理部では「テレビやインターネットで最新の情報を入手し、不要不急の外出を控え、市町の指示があれば直ちに避難できるよう非常持ち出し品などの準備をしてほしい」と呼びかけた。中でも土砂災害については「台風通過後も警戒する必要がある」と注意を促した。
 こうした予報を受けて、焼津市や川根本町などで4日は全公立小中学校を休校にすると決めた。一部の県立高校、特別支援学校も休校となるほか、多くの行事やイベントの中止・延期が決まっている。