スナック経営者の女性を鈍器で殴る 容疑で元常連客逮捕 群馬

 

 太田市のスナックで経営者の女性(54)を鈍器で殴ったとして、太田署は3日、殺人未遂容疑で同市西矢島町の広告業、田上英樹容疑者(50)を逮捕した。調べに対し「店に行っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2日午後11時50分ごろ、同市飯田町のスナックで、経営者の女性の頭部などをハンマー様の鈍器で殴打し、殺害しようとしたとしている。女性は頭や首などに軽傷を負った。

 3日午前0時5分ごろ、女性が携帯電話で「ハンマーで頭を殴られ、トイレの中に逃げ込んだ」と110番通報し、発覚した。当時、店内に客はいなかった。太田署によると、田上容疑者は以前、スナックの常連客だったが、事件当時は出入り禁止とされていたという。