群馬県警の詐欺電話対策装置、97%が効果を実感

 

 県警は、6月から高齢者向けに貸し出しを開始した特殊詐欺電話対策装置についてアンケートを実施し、使用者の97%が効果を実感していると回答したと明らかにした。

 装置は固定電話機に取りつけて使用し、電話を受けた際、「この電話は犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」という警告メッセージが流れるほか、通話内容を自動録音できる。

 アンケートは、装置を1カ月以上使用している男女106人(平均年齢78歳)を対象に実施。装置を設置後、かかってきた不審電話の件数については約82%が「減少した」、振り込め詐欺への不安感については約90%が「安心できるようになった」と回答。装置の効果については約97%が「効果がある」と実感していた。また、かかってきた電話のうち、警告メッセージが流れた後に相手が電話を切った割合を示す「平均撃退率」は30・8%だった。

 使用者からは「無言電話がなくなった」「装置を購入して、これからも使い続けたい」という声が寄せられているという。

 県警は現在、県内に居住する65歳以上の1人暮らしや夫婦のみの世帯の高齢者に装置を約200台貸し出している。所轄の警察署に問い合わせや相談をし、装置が残っていれば貸し出し可能という。