奈良県珠算競技大会に122人 掛け算、見取り算…腕前競う - 産経ニュース

奈良県珠算競技大会に122人 掛け算、見取り算…腕前競う

 そろばんの腕前を競う「第68回県珠算競技大会」(県珠算協会主催)が2日、大和高田市の県産業会館で開かれ、小学3年から44歳までの122人が参加した。
 大会は、年齢ごとに5部門に分けて実施。掛け算や割り算、見取り算を5分以内で行ったり、1分半の制限時間で暗算に挑戦したりし、何問正確に計算できるかを競い合った。
 参加者らは、開始の合図と同時にそろばんを弾き始め、真剣な表情で問題に取り組んでいた。
 全体トップの1145点(1250点満点)を取り、小学5年の部で優勝するとともに県1位に輝いた、香芝市立真美ケ丘東小5年で西川珠算教場の小泉友也さん(11)は、「去年は1位になれなかったので、今年は絶対になりたいと思っていた。うれしい」と笑顔で話していた。
 主な部門の優勝は次の通り。(敬称略)
 【団体総合】小4以下=かしはら計算スクールNexus▽小5=西川珠算教場▽小6=笠縫珠算塾▽中学=西川珠算教場
 【個人総合】小4以下=吉川大樹(かしはら計算スクールNexus)▽小5=小泉友也(西川珠算教場)▽小6=丹波来実(笠縫珠算塾)▽中学=平井咲希(西川珠算教場)▽高校大学一般=熨斗奈穂子(大和珠算学校 東口疋田教場)