JR和歌山線で「アートトレイン」 吹奏楽や和太鼓…高校生ら演奏 - 産経ニュース

JR和歌山線で「アートトレイン」 吹奏楽や和太鼓…高校生ら演奏

 JR和歌山線の列車や駅周辺で、沿線の高校など10校の生徒らによるコンサートなどが楽しめるイベント「アートトレイン」が2日、同線沿線や和歌山市のJR和歌山駅周辺などで開かれた。
 人口減少で利用者が減少している同線沿線の活性化を目指し、JR西日本和歌山支社などが進める「ぼくらの和歌山線活性化プロジェクト(ワカカツ)」の一環。アートトレインは平成28年から行われている。
 この日は、和歌山-橋本駅間を1往復する臨時列車が運行。沿線の高校の生徒たちが、臨時列車内や和歌山、橋本駅周辺で吹奏楽や軽音楽、和太鼓によるコンサートを開いた。
 JR和歌山駅の地下にある「わかちか広場」では、県立和歌山高校や那賀高校の生徒が、吹奏楽や軽音楽で人気バンドのカバー曲やオリジナル曲などを披露。訪れた市民らは軽快な演奏に聴き入っては、手拍子で盛り上げるなどして楽しんでいた。
 県立和歌山高校3年で総合音楽部の辻野法香さん(17)は「こんな場所で演奏できることはなかなかないのでとても楽しかった。お客さんが手拍子をしてくれて一体感を感じられました」と笑顔で話していた。