千曲「姨捨の棚田」保全へ稲刈り体験 29日実施 参加者を募集

 

 日本の原風景を一緒に守りませんか-。県長野地域振興局は、日本の棚田百選に選ばれている「姨捨(おばすて)の棚田」(千曲市)で、29日に実施する稲刈り体験の参加者を募集している。

 農家の高齢化や後継者難で耕作放棄が心配される棚田の保全をめぐり、農家以外の人にも関心を持ってもらおうと、初めて企画した。住民有志で「棚田貸します制度」を行っている「姨捨棚田名月会」が、稲刈りの作業を指導する。稲を天日干しにするはぜ掛けなども行われる。

 定員は25人で、参加費用は1500円(昼食付きは2000円)。姨捨の棚田で収穫した「棚田米」の土産付きで、信州棚田カード「姨捨の棚田」をプレゼントする。申し込み方法や日程の詳細は、県の情報発信ブログ「ほっとスタッフブログながの」(https://blog.nagano-ken.jp/nagachi/)で紹介している。問い合わせは同振興局農地整備課(電)026・234・9517。