新潟・粟島浦で土砂崩れ 県内各地に激しい雨 - 産経ニュース

新潟・粟島浦で土砂崩れ 県内各地に激しい雨

 日本海を南下した前線の影響で県内では31日、断続的に非常に激しい雨が降った。気象庁は土砂災害や浸水への警戒を呼び掛けた。
 県によると、同日の雨で粟島浦村では土砂崩れが発生。漁協施設の壁が損傷したほか、県道や村道で一部不通となった。人的被害や民家への被害はなかった。
 また、同日午後5時現在、同村が8月30日夜に発令した避難勧告を継続。新潟市が大雨警戒本部、佐渡市が災害警戒本部を設置するなど、各自治体で警戒を強めた。
 気象庁によると、31日午後5時20分までに、佐渡市羽茂で78・0ミリ、同村粟島で63・5ミリの雨が降った。