社会課題解決に新提案を 福岡で学生ビジネスコンテスト - 産経ニュース

社会課題解決に新提案を 福岡で学生ビジネスコンテスト

 新しい金融サービスや、インターネット上で寄付を募る「クラウドファンディング」をテーマにした学生ビジネスコンテストが31日、福岡市内で開かれた。
 9月15日の決勝に向けた予選で、西南学院大、九州大、福岡大、福岡工業大、九州デザイナー学院、N高等学校、日本経済大などから計13チームが参加した。学生は温めてきたアイデアを、プレゼンテーションで披露した。
 ふくおかフィナンシャルグループが未来の金融像について、産経新聞社が社会課題の解決を目的にしたクラウドファンディングについて、応募アイデアを審査し、それぞれ1チームずつ選ぶ。提案は両社の新規事業に直結する。
 コンテストはPwCコンサルティング(東京)が主催し、福岡市と明星和楽実行委員会が後援。9月の決勝には福岡市の高島宗一郎市長が駆けつける予定となっている。