さいたま市29施設に無料Wi-Fi - 産経ニュース

さいたま市29施設に無料Wi-Fi

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、訪日外国人らが容易にインターネットに接続できるようにするため、さいたま市は4日から、市内計29施設で公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」を無料で利用できるサービスを開始する。
 サービス提供施設は市内21カ所の図書館、大宮盆栽美術館やJR大宮駅周辺など。接続時には市のホームページが表示されるため、シティーセールスにつながる。メールアドレスや会員制交流サイト(SNS)のアカウントを登録すれば誰でも利用できる。