女性に卑猥な言動 容疑の会社員逮捕 渋川

 

 渋川署などは30日、建造物侵入と県迷惑防止条例違反の疑いで、渋川市上白井の会社員、狩野怜央容疑者(20)を逮捕した。

 逮捕容疑は27日午前10時50分ごろ、同市内のコンビニエンスストアで、アルバイトの女性(27)を「トイレットペーパーを補充してほしい」とトイレに誘い込み、自身のズボンを下げ、「お金を払うから手伝ってくれ」などと卑猥(ひわい)な言動をしたとしている。

 調べに対し、「性欲を満たしたかった」と容疑を認めている。

 同署によると、狩野容疑者は同市内の鋼材製造会社に勤めているという。