太田のラブホ強盗致傷 容疑の30歳男を逮捕

 

 太田市東長岡町のラブホテル「ダイヤモンドバカンス」で現金が奪われ、経営者の男性が重傷を負った強盗致傷事件で、太田署などは29日、強盗致傷の疑いで住所不定の無職、小林隼也(としや)容疑者(30)を逮捕した。調べに対し、「間違いありません。金が欲しかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は28日未明、同ホテルのフロントで経営者の菅波辰夫さん(58)に「金を出せ」と脅し、頭や顔を殴るなどしてけがを負わせ、現金を奪って逃走したとしている。

 同署などは負傷状況などから、鈍器のようなもので殴ったとみて捜査。菅波さんは被害額は約20万円と説明していたというが、小林容疑者は「凶器は持っていっていない。15万円くらいとって、数万円ほど使った」などと供述している。菅波さんと面識はなく、ホテルの近くに車を止め、犯行に及んだという。

 同署などは、防犯ビデオなどから小林容疑者を特定。29日昼に栃木県内のネットカフェにいるのを発見したという。共犯者や余罪の有無などを調べる。