浮き出る指紋に興味津々 つくばで科学捜査体験

 
科学捜査体験でアルミ粉末とはけを使って空き缶から自分の指紋を採取する子供たち=27日午後、つくば市竹園(篠崎理撮影)

 つくば市竹園のつくば国際会議場で27日、県警鑑識課が協力する子供向けのイベント「科学捜査体験」が行われた。テレビドラマでおなじみの警察の捜査を通じて、科学技術に対する関心を高めてもらう狙いがある。

 イベントには小学生ら約80人が参加し、県警鑑識課員らと指紋採取と足跡採取を体験した。指紋採取では、アルミ粉末とはけを使って空き缶から自分の指紋を採取した。

 同市立春日学園義務教育学校6年の高野心結(みゆ)さん(11)は「よく刑事ドラマで見るけれど、実際に指紋を採取したのは初めて。本当に指紋が浮き出て楽しかった」と話していた。