奄美大島周辺、サンゴが半減 環境省 - 産経ニュース

奄美大島周辺、サンゴが半減 環境省

 環境省によると、鹿児島県・奄美大島周辺と沖縄県のサンゴ礁を6~7月に調べた結果、奄美大島に近い加計呂麻島で、生きたサンゴの割合が昨夏に比べ半減した場所が確認されたと発表した。「昨年の高水温で白化現象が起き、死んだとみられる」としている。
 加計呂麻島の北岸では、昨年8月の調査時は海底に占める生きたサンゴの面積の割合が8割だった。今年6月には多くが死んで、生きているサンゴは4割に激減した。
 サンゴは海水温が30度程度を超えた状態が続くと、体内に共生し、栄養分などを供給する褐虫藻が抜けて白化する。白化が長く続くと死んでしまい、藻が生えて黒ずんで見える。
 沖縄県の西表島周辺や、同島と石垣島との間に広がる国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」では、全ての調査地点で白化現象が確認された。この海域では平成28年から大規模な白化現象が継続する。人工衛星で各地の海水温を観測している米海洋大気局(NOAA)は、今年8~11月も「やや水温が高く、白化現象に注意が必要」と予測している。
 環境省は、奄美大島周辺や沖縄島、西表島、石西礁湖を対象に、昨年の調査以降にサンゴが減った可能性がある場所を中心に41カ所の海底を調べた。