福島の震災孤児支援に岡部株式会社が180万円

 

 東日本大震災で親を亡くした震災孤児を支援する「ふくしまこども寄付金」に、岡部株式会社(本社・東京)から180万円が贈られ、県こども未来局が受け取った。同社は平成24年から毎年寄付を続けており、今回は全国9支店の売上金の一部を寄付するキャンペーンを展開した。

 県内で寄付金の対象となる児童・生徒は4月現在、184人。状況に応じて毎月3万円から6万円支給されるほか、入学・卒業時に一時金を受け取る。