厚木で戦没者1500人の追悼式

 

 戦争で犠牲になった厚木市の戦没者をしのぶ戦没者追悼式が同市文化会館で開かれた。遺族や各界の代表者ら256人が参列し、1500人余りの戦没者の冥福を祈った。

 会場の舞台中央には生花で飾られた戦没者の霊を象徴する「厚木市戦没者之霊位」が設置され、遺族らが次々と菊を献花した。式典では、市遺族会の潮田春男会長が「歳月が戦争の事実を風化させようとしているが、命ある限り平和の尊さをつないでいくことが使命と感じている」と述べた。