日本平山頂の展望施設、11月3日オープン - 産経ニュース

日本平山頂の展望施設、11月3日オープン

 県と静岡市が整備を進めている同市清水区の日本平山頂の展望施設が、11月3日の文化の日にオープンすると決まった。
 これまで拠点施設がなかった日本平山頂に県と市が計約17億円を投じて整備するもので、3階建ての展望施設と1周約200メートルの展望デッキがある回廊で構成される。
 メインとなる3階のガラス張りの展望フロアでは天候がよければ美しい富士山を眺めることができ、富士山が見えない日でも大型モニターに映し出される富士山映像を鑑賞できる。1階は日本平の成り立ちや歴史・文化作品を紹介する展示スペース、2階はラウンジスペースだ。
 建物の外に出れば、展望デッキからも富士山や駿河湾、静岡市街地の雄大な眺めを楽しむことができる。
 入館無料。開館時間は午前9時~午後5時(土曜日は午後9時まで)。第2火曜休館。9月には県民から募集して選定したこの施設の愛称が発表される。