上田・平井寺トンネル、きょうから無料

 

 県は25日、上田市の平井寺トンネル有料道路(管理延長1・8キロ)を無料化した(同日午前0時から)。30年間にわたる通行料金の徴収期間が24日で満了するのに伴う措置。

 同有料道路は、上田市の中心市街地から松本市や諏訪市方面へ向かう途中の急峻(きゅうしゅん)な山岳地形を回避しようと、主要地方道の上田丸子線の一部区間として建設された。

 その際、多額な事業費を賄うため、トンネルとその前後の区間を有料道路として建設し、昭和63年8月25日に開通した。総事業費は44億1千万円。

 県はまた、国道254号の三才山トンネル有料道路(上田市-松本市、同15・1キロ)も、平成32年夏をめどに無料化する考え。平井寺トンネル有料道路と接続しており、上田地域と松本地域を結ぶ観光振興への効果が期待されている。

 国道142号の新和田トンネル有料道路(長和町-岡谷市、同14・8キロ)も33年夏ごろに無料化する。