障害者雇用水増し問題「適切に計上、問題なし」 都調査 - 産経ニュース

障害者雇用水増し問題「適切に計上、問題なし」 都調査

 中央省庁や全国の自治体が雇用する障害者数を長年にわたり水増ししていた問題について、小池百合子知事は24日の定例会見で、都の採用に関して水増しなどの問題は無かったとする調査結果を明らかにした。
 小池氏は「障害者手帳などの根拠資料を確認して(雇用者数を)適切に計上している」と述べた。
 都では法改正に伴い昨年から障害者雇用の門戸を拡大。現在、各部局での雇用割合は2~3%となっているという。