クルーズ客船、京都舞鶴港に緊急入港 台風19号の影響でコース変更 

 

 強い台風19号の影響で22日、バハマ船籍のクルーズ客船「スーパースター ヴァーゴ」(全長約268メートル、7万5338トン)がコースを変更し、京都舞鶴港(舞鶴市松陰)に入港した。同船は同日午後4時ごろに出港した。

 府や舞鶴市などによると、同船は香港のクルーズ会社が運航し、乗客約2千人が乗船している。当初は17日に上海を出港し、大阪、横浜、清水、鹿児島の各港を経て、上海に帰港する予定だった。

 今回、台風の影響で上海を出港し、鹿児島、別府、金沢を経て、舞鶴に入港し、上海に帰港するコースに変更。17日に府に京都舞鶴港への寄港の打診があったという。

 同船は昨年10月にも台風22号の影響を避けるため、京都舞鶴港に緊急避難的に入港した。