3校が授業や成果発表 千葉でNIE研修会、教諭ら30人参加

 
新聞を活用した教育の取り組みを発表する、いすみ市立東海小学校の大高純子教諭=22日、千葉市中央区(平田浩一撮影)

 教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の取り組みについて、成果や実践内容を話し合う第23回「ちーばNIE研修会(実践発表会)」(主催・県NIE推進協議会)が22日、千葉市中央区の市生涯学習センターで開かれ、県内の小中高の教諭ら約30人が参加した。

 研修会では、いすみ市立東海小学校、山武市立蓮沼中学校、県立成田国際高校(成田市)の3校が、新聞を生かした授業の事例や成果を発表した。

 東海小の大高純子教諭は、3年生の児童が日本新聞協会の「ハッピースクラップ帳」を活用し、気になった記事や広告を集め、自分だけのスクラップ帳作りを行っていることなどを紹介。蓮沼中では校舎1階の視聴覚室前に新聞閲覧コーナーを設置し、新聞が常に見られる環境づくりなどを行っているといい、千田賢弥教諭は「生徒の新聞への興味や関心が高まった」と成果を報告した。