長崎の銀行経営統合 佐賀銀、債権譲渡「一時的でない」 - 産経ニュース

長崎の銀行経営統合 佐賀銀、債権譲渡「一時的でない」

 佐賀銀行の坂井秀明頭取は22日の記者会見で、経営統合を目指すふくおかフィナンシャルグループ(FG)と十八銀行から打診があった貸し出し債権の譲渡について、全ての顧客企業を受け入れる考えを改めて示し、「一時的なものに終わるとは思わない」と述べた。
 ふくおかFGと十八銀行は、長崎県内の貸出金シェアを引き下げるため、他の金融機関へ、債権譲渡を打診している。坂井氏は「全てを受ける。(取引先も)私どもを信頼し、きちんと取引を申し込んでいただけると認識している」とした。打診のあった金額や件数は明らかにしなかった。
 さらに経営統合が認められた場合の、長崎県の競争環境について「長崎県経済のためだという大義がある。(統合した後も)両銀行はきちんとされると思う」と語った。
 ふくおかFGと十八銀の経営統合をめぐり、公正取引委員会は、承認する方向で最終調整している。