30年度設備投資5年連続で増加 東北6県・新潟

 

 日本政策投資銀行東北支店が発表した東北6県と新潟県の平成30年度の設備投資計画によると、全産業の投資額は前年度実績に比べて17・7%増の6055億円となり、5年連続で増加した。

 製造業はスマートフォン関連や自動車向け電子部品などの分野が牽引(けんいん)し26・0%増の3294億円と2年ぶりに増加に転じた。非製造業は再生可能エネルギーへの新規投資が続くなど9・1%増の2761億円と2年連続の増加となった。

 全産業の投資額を県別でみると、宮城が38・0%増の1506億円で伸び率、投資額ともトップだった。

 調査は6月、資本金1億円以上の企業を対象に全国で実施。1126社が東北と新潟に投資すると答えた。