JR山田線、試験走行 三陸鉄道に移管、来年3月再開 岩手

 
 JR山田線の不通区間を試験走行するディーゼル機関車=21日午前、岩手県釜石市

 東日本大震災で不通となったJR山田線の宮古-釜石間(55・4キロ)は今年度中に復旧、第三セクターの三陸鉄道(本社・宮古市)に移管され、来年3月23日からリアス線として運行を再開する。復旧工事を進めるJR東日本は21日、同区間で始まった試験走行の現場を公開した。

 公開されたのは鵜住居(うのすまい)駅に近い釜石市片岸町の第三釜石街道架道橋。重さ約65トンのディーゼル機関車が速度を変えて1往復半して安全性を確認した。

 同区間は津波で8・5キロの鉄路が流失、5駅が全壊するなどした。JR東は平成27年から総工費約200億円をかけて復旧を進めており、9月末までに終了する予定。この日の試験走行で問題はなく、9月初旬まで試験走行を続け、来年1月以降に試運転、2月以降に三鉄の訓練運転に入る。

 JR東日本盛岡支社の小林宏基設備部長は「安全性が確認された。三陸鉄道にしっかり引き渡せるよう安全第一で取り組みたい」と話した。