焼酎出荷量、宮崎が4年連続日本一 2位は鹿児島

 

 芋や麦などの本格焼酎の平成29酒造年度(29年7月~30年6月)出荷量で、宮崎県が4年続けて日本一となったことが、20日までの日本酒造組合中央会(東京)の調べで分かった。全国の総出荷量は43万4287キロリットルで、前年度比5・5%減。宮崎県と2位の鹿児島県、3位の大分県のいずれも出荷量は下がった。

 本格焼酎の出荷量は、若者のアルコール離れや缶チューハイ人気などで減少傾向となっている。宮崎県の出荷量は12万8999キロリットルと同9・2%減だった。同県都城市にある霧島酒造の減少が響いたとみられる。

 鹿児島県は同5・5%減の10万8771キロリットル。大分県は同5・6%減の9万205キロリットルだった。例年同様、本格焼酎の生産が盛んな九州7県と沖縄県の出荷量が、全体の9割以上を占めた。

 宮崎県酒造組合の渡辺真一郎会長は「今後は海外展開などにも、力を入れたい」としている。