阪南市初代ふるさと大使、たむらけんじさんが就任 「PRガンガン行きます」   大阪

 

 阪南市出身のお笑いタレント、たむらけんじさん(45)が同市の初代「阪南市ふるさと大使」を務めることになり、同市で20日、就任式典が行われた。

 たむらさんは19歳まで同市に住んでおり、幼い頃はカブトムシ採集を楽しんだり海で泳いだり、市内の自然が遊び場だったという。同市は幅広い年齢層の人気を得ているたむらさんに市の魅力を発信してもらおうと依頼、快諾を得た。

 式典で水野謙二市長から委嘱状と名刺を渡されたたむらさんは「(ふるさと大使という)名ばかりになるのは嫌。やりすぎと怒られることもあるかもしれないが(PRを)ガンガン行きます」と意欲満々。同市の特産品「なにわ黒牛」や地酒、おかきなどに舌鼓を打ちながら、「大阪南部にある阪南市は大阪の土台と思っている。土台から大阪を支えて盛り上げたい」と力を込めた。また、ふるさと納税の返礼品として、自身が経営する焼き肉店の商品を提供する。

 同市では6月20日に式典を実施予定だったが、同18日の大阪北部地震発生を受け、被災地の状況を考慮して式典を延期していた。