大山頂上の水洗トイレ、水不足で使用不能に 鳥取県など登山客に運び上げ呼びかけ

 

 鳥取県大山町の大山(1729メートル)頂上に設置されている水洗トイレが水不足で使用不能となり、県などは15日、登山客に頂上まで水の運び上げに協力してもらう初の「緊急キャリーアップ」作戦を始めた。当面、25日まで行う予定。

 県は17年前、水洗トイレを整備。雨水をタンク(容量10トン)にためて利用するシステムだが、このところの小雨で11日にタンクが空になり、使用できなくなった。

 午前7時から、登山口近くの南光河原駐車場で同作戦を開始。県と大山町の職員計4人が、登山道に向かう登山者に協力を呼びかけた。

 この日は、頂上まで持参してもらう容量2リットルと1リットルのペットボトル計260本を準備。

 松江市玉湯町の自衛官、石倉研司さん(49)は「大山には2年前から体力維持のために登山しています。喜んで協力します」と話し、水が入ったペットボトルを持って頂上を目指した。

 頂上で職員が水を回収し、登山者には空容器を持って下山してもらう。県西部総合事務所の田村晴久係長は「当面、貯水量1トンが目標です。協力をお願いしたい」と話していた。