【夏の甲子園】光星苦しんで勝利つかむ - 産経ニュース

【夏の甲子園】光星苦しんで勝利つかむ

 第100回全国高校野球選手権大会第7日の11日、八戸学院光星(青森)、聖光学院(福島)の東北勢2校が登場した。第2試合で明石商(西兵庫)と対戦した八戸学院光星は東の2本塁打など強力打線が本領を発揮、明石商の粘りで延長戦にもつれ込んだが、9-8で競り勝った。第3試合で報徳学園(東兵庫)と対戦した聖光学院はエース衛藤が力投、1点を争う接戦の末、惜しくも2-3で敗れた。
                    ◆
 一回表、八戸学院光星は2死三塁で4番東が「アウェーだったが、強気で行った」という右越え本塁打で2点を先制。打線は二回表に長短4安打を集め4点を追加、リードを広げた。
 ところが、7-1で迎えた四回裏に先発の福山が相手打線につかまった。「緩急を意識したが、少しずつ甘くなった」と4失点。五回表に東の2本目の本塁打で3点差としたが、七回裏に8-8の同点とされ、延長戦にもつれ込んだ。
 十回表、2死一、二塁で八回からリリーフした中村が左前打、敵失の間に二走の矢野が決勝のホームを踏んだ。中村は「最高の投球ができた。打撃でも結果が出てよかった」と激闘の末につかみ取った勝利をかみしめていた。 (根本和哉)
                   ◇
 ◎八戸学院光星・仲井宗基監督「ただただうれしい気持ちでいっぱい。一度も勝ち越しを許さなかったことが、勝ちにつながった」
 
 ▽1回戦
八戸学院光星240 110 000 1-9
明石商   100 400 300 0-8
    (延長十回)
(八)福山、成田、中村-秋山
(明)加田、福谷、中森-山本
▽本塁打=東2(八)
▽二塁打=秋山、近藤(八)