福島知事「基軸は経済」 生活再建などで支援要請 復興再生協 - 産経ニュース

福島知事「基軸は経済」 生活再建などで支援要請 復興再生協

 復興庁は9日、福島市内で「原子力災害からの福島復興再生協議会」を開催した。吉野正芳復興相、世耕弘成経済産業相、内堀雅雄知事らが出席し、今後の復興や予算措置などについて意見交換した。
 非公開で行われた会議では、内堀知事が避難指示解除地域の生活再建や帰還困難区域への対応などで国の支援を求めたほか、政府が復興総仕上げと位置づけ平成32年度まで実施する復興・創生期間の終了後の財源確保について、被災自治体関係者らが国に要望した。
 終了後、吉野復興相は「地元からの要望を受け止め、来年度概算要求への反映など、今後の展開を検討したい」と述べた。
 内堀知事は会議で世耕経産相から「福島の復興のために新たな青写真を描きたい」との発言があったことを明らかにし、「中長期の構想で今後、ポスト復興・創生期間の議論と合わせて協議が進められるのではないか」という見通しを示した。その上で「復興創生期間後の基軸になるのは経済だ。われわれも一緒になって議論したい」と提案を歓迎した。