大分大教育学部付属小、及ばず準優勝

小・中学校将棋団体戦

 東京都墨田区のKFC(国際ファッションセンター)で9日開かれた「文部科学大臣杯 第14回小・中学校将棋団体戦」(産経新聞社・日本将棋連盟主催)の決勝大会で、大分県代表の大分大教育学部付属小は準決勝をストレートで勝ち、決勝に進出したが、一歩及ばず準優勝に終わった。

 準決勝では習志野市立鷺沼小(千葉)を3勝全勝で破った。麻生潤君(6年)は「序盤の手が最後に生きて幸運だった」。

 決勝では、「いい将棋が指せた」という市岡真悟(まさと)君(6年)が1勝をあげたが、その後2敗を喫し、優勝を逃した。

 ◇準決勝

 大分大教育学部付属小(市岡真悟、麻生潤、市岡知悟)○3-0●習志野市立鷺沼小(千葉)

 ◇決勝

 大分大教育学部付属小●1-2○川口市立戸塚東小(埼玉)