甲府でバス全焼 けが人なし

 

 9日午前8時半ごろ、甲府市古関町の国道358号で、高校の陸上部員の女子生徒2人を合宿先に送る途中の中型バスから煙が出て、まもなく全焼した。運転していた男性教諭(38)と生徒らは逃げて無事だった。

 南甲府署によると、バスは走行中にアクセルを踏んでも加速しなくなり、停車したところ、左前部から煙が出た。バスは約1時間45分後に鎮火した。南甲府署が出火原因を調べている。

 同署によると、バスは県立高校がレンタル。乗っていた生徒は2年生と1年生で、合宿先の富士河口湖町の西湖方面に向かっていた。現場は、精進湖トンネルから約2・2キロの上り坂だった。