日本一低い仙台・蒲生の日和山 夏山登山、防災伝えられる場に

 
日和山に登頂した元住民ら。出発から1時間余りの道のりを楽しんだ=仙台市宮城野区の蒲生地区

 夏山登山に行ってきた。仙台市宮城野区蒲生地区にある日和山。標高3メートル。国土地理院の地形図に掲載されている日本一低い山だ。東日本大震災後、一帯は災害危険区域に指定され、現在事業用の土地区画整理工事の真っ最中。照りつける日差しに、海側に広がる蒲生干潟から吹く潮風が心地よい。「日本一高い山」富士山と同じ7月1日に行われた山開き。元住民らに混じって歩いてみた。

 ◆津波で風景一変

 蒲生の日和山の山開きは“復活”以来、今年で5年目。もともとは平成3年、登山雑誌にあった国土地理院関係者の文章で標高6・05メートルの「日本一低い山」だと判明し、翌年から地元住民らが地域おこしで山開きを始めた。ところが8年には大阪市港区にある天保山が4・53メートルと地形図に記載され、日本一の座を奪われてしまう。あちらの周辺は大規模水族館「海遊館」がある一大レジャースポットだ。

 最初の山開きを行った実行委員会の元委員長、片桐豪さん(71)は「残念だった」と当時の思いを語る。ところが、東日本大震災の津波は風景を一変させる。一帯では防災集団移転が実施された一方、26年には国土地理院の調査で日和山の標高が3メートルと判明。日本一に返り咲いた。

 元住民らのサークル「中野ふるさとYAMA学校」の佐藤政信代表(72)は「自然のことなので、抜いた抜かれたはある。ただこういう形で復活できたので、震災の記憶を留め防災を伝えられる場になれば」という。

 片桐さんも「住民が年に一度は集まり、地域がどう変わっていくか見る機会になる」と山開きの復活を喜んだ。

 出発地の「中野地区地域モニュメント」は旧中野小学校跡地に設けられた小高い丘にある。高さは以前の日和山と同じ。日和山は「地域の人たちの心のふるさと」(佐藤代表)で、頂上には震災前の日和山同様、松の木も植えられた。慰霊碑には震災で犠牲になった住民157人のうち、遺族の同意が得られた151人の名前が刻まれている。

 近隣中学生たちによって復活した「中野小(学校)太鼓」に勢いづけられ、登山開始。本格的な装備をした参加者たちは、工事場所を避け遠回りしながら約1・6キロ先の山頂を目指した。途中の高砂神社は7合目。しっかり休んで安全祈願をした後は「滑落注意!」「落石注意!」と声を掛け合いつつ、海辺に向かう。高さ約4メートルの土手からいったん下った後、登山者らは階段を踏みしめて、次々と山頂に到達した。

 ◆「大好きな美しい場所」

 宮城野区の会社員、吉川直人さん(35)は1歳半の娘と登頂。しっかりした足取りをみて「日本アルプスにいつか一緒に登りたい」。

 参加者はこの日、約240人。26年の復活初年(約45人)から5倍以上になった。元住民だけでなく誰でも参加でき、小さな子供やお年寄りの姿もあった。入山料は無料。登頂証明書ももらえた。

 周辺の開発状況に合わせて、毎年登山ルートが変わっている。今年度中には防潮堤が完成する予定で、来年は防潮堤上を歩くルートになりそうだ。将来開発が完成すれば、工場や倉庫が立ち並ぶ産業集積地の路上が登山道になるかもしれないという。

 登山の後には、被災地の記憶の伝承に取り組む市民団体「3・11オモイデアーカイブ」(佐藤正実代表)が主催する、昭和時代などの蒲生の写真を楽しむ会が開かれた。

 かつて日和山付近には乗馬クラブや養魚場があり、現在とは異なる緑豊かな風景が広がっていた。思い出を語った地元育ちの武田繁三郎さん(73)は「大好きな美しい場所だ」と熱を込めた。(高梨美穂子)