絶景の特等席 びわ湖テラスに新エリア - 産経ニュース

絶景の特等席 びわ湖テラスに新エリア

 大津市木戸の高原リゾート「びわ湖バレイ」山頂の休憩スペース「びわ湖テラス」に、新エリア「North Terrace(ノーステラス)」が4日、オープンする。従来のエリアの北側に隣接し、沖島(近江八幡市)などを一望。新エリアの開設でびわ湖テラスの面積は約2倍となる。
 びわ湖テラスはスキーシーズン終了後の集客を図ろうと、平成28年オープン。カフェなどを備える。標高1108メートルから琵琶湖を見下ろすスポットとして人気を集めるようになり、29年のシーズン(4~11月)には約47万人が訪れた。
 今回オープンするノーステラスは、従来の東側テラスと隣接した北側の斜面に位置しており、開放的な空間から琵琶湖北部の景色を望める。
 ソファ20席を備える「Infinity Lounge(インフィニティラウンジ)」もオープン。ソファでくつろぎながらラウンジ専用メニューを楽しめる。
 びわ湖バレイの俣野博志社長は「圧倒的な琵琶湖のスケールを見て食べて楽しんでほしい」と話した。
 年中無休(11月12日以降は営業時間を短縮)。インフィニティラウンジの利用は45分間で、1人3千円(専用フード・ドリンク付き)。当日先着順。