盛夏に彩り キツネノカミソリ、鳥取・南部町の里山に咲く - 産経ニュース

盛夏に彩り キツネノカミソリ、鳥取・南部町の里山に咲く

 鳥取県南部町の里山で、野草「キツネノカミソリ」がオレンジ色の美しい花を咲かせている。山を華やかに彩るこの花は盛夏の風物詩だが、今シーズンは連日の厳しい暑さにさらされ、心なしか精彩を欠いているようだ。
 キツネノカミソリは多年草で、細長い葉をキツネが使うかみそりに例えたとの説があるユニークな植物名で知られる。里山のふもとにある小規模な群落地では今、オレンジ色の花が点在。森には、絶滅危惧種の夏鳥ブッポウソウの「ゲッ、ゲッ」という鳴き声が響き渡っている。