美浜・国吉城の御朱印、歴史資料館で販売 「落ちない城をお守りに」 - 産経ニュース

美浜・国吉城の御朱印、歴史資料館で販売 「落ちない城をお守りに」

 日本城郭協会の「続日本100名城」に選定された国吉城(美浜町)の御朱印(1枚200円)が若狭国吉城歴史資料館(同町佐柿)で販売されている。国吉城は越前朝倉氏の猛攻を10年にわたり防ぎ、「難攻不落の堅城」として知られている。
 国吉城は弘治2(1556)年、栗屋勝久が古城跡を改修して築城したとされる。標高197メートルの本丸跡からは四方を見渡せ、越前朝倉氏の侵攻を防いだ。御朱印は縦15センチ、横11センチ。「難攻不落」の朱印が入っている。また、本丸までの登城証明書(1枚100円)も販売されている。
 大野康弘館長は「ブームもあり、名古屋城や松本城などでも御朱印が販売されている。落ちない城をお守りにしてみては」とアピールしている。問い合わせは同資料館(電)0770・32・0050。