八戸光星、猛追振り切る

高校野球青森大会
八戸学院光星・福山優希投手

 第100回全国高校野球選手権の福島、青森、岩手の3大会で22日、決勝戦が行われ、福島は聖光学院が12年連続15度目、青森は八戸学院光星が2年ぶり9度目、岩手は花巻東が3年ぶり9度目の出場を決めた。

 福島大会決勝は聖光学院が2本塁打を含む17安打で福島商を15-2と圧倒、夏の甲子園で戦後最長の連続出場記録を12に伸ばした。

 青森大会決勝では八戸学院光星が序盤、中盤と効果的に得点を重ね、終盤、追い上げる弘前学院聖愛を6-4で振り切った。

 岩手大会決勝は終盤まで息づまる攻防となったが、花巻東が最終回に2点を奪い逆転、4-3で盛岡大付の3連覇を阻止した。

                   ◇

 八戸学院光星が終盤の追い上げを振り切って、全国切符をつかんだ。

 光星は初回、相手先発の下山の立ち上がりをとらえ、3番・長南と6番・矢野の適時打で2点を先制。二回以降も主戦・長久保の投球を見極めて好球を逃さず長短打で効果的に攻め、六回までに下山の本塁打などで4得点を挙げて主導権を握る。投げては先発の福山が直球とスライダーを駆使し、五回の本塁打の1点で抑えた。

 6-1で迎えた八回、弘前学院聖愛が反撃に出る。無死一、二塁として福山を引きずり下ろすと、代わった中村から9番・五十嵐の中前適時打、1番・鈴木の右前適時打などで2点差としたが、反撃もここまで。あと一歩で涙をのんだ。

 【はるか夢球場】

 ▽決勝

 弘前学院聖愛000 010 030-4

 八戸学院光星210 012 00×-6

 (弘)下山、長久保-神

 (八)福山、中村-秋山

 ▽本塁打=蝦名(弘)、下山(八)▽三塁打=東(八)▽二塁打=田崎(弘)、長南、矢  野、東(八)

                   ◇

 ■八戸学院光星・福山優希投手 制球重視で粘りの投球

 試合前、仲井宗基監督が「冷静な投球を期待している」と話していた通り、背番号「1」がマウンドで躍動した。

 準決勝の青森山田戦で気迫が空回りし、仲井監督から指摘を受けてバラバラだったフォームを修正。決勝に備え、ビデオで弘前学院聖愛打線を研究し「低めに集め、地に足をつけて投げれば抑えられる」と確信。監督が「制球重視で粘り強く、勝つための投球をしてくれた」と振り返ったように、八回途中で2番手の中村優惟(ゆうい)(3年)にバトンを渡すまで本塁打の1点に抑え、9奪三振の好投。それでも「まっすぐもスライダーも低めに行ったが、ピンチで中村に託してしまった。70点の出来です」と勝利の中にも慢心はない。

 県外出身者が大半を占める中で八戸市出身。「チーム一丸となって県民に全国優勝を届けたい」と力強く語った。(福田徳行)