クマ食害対策は「隠れにくい緩衝地帯の整備を」 連日の出没に専門家 山形

 
ブナの原生林の多い山系では、クマが多く生息する=昨年夏、尾花沢市(山形県提供)

 県警などからクマの目撃情報が連日、広報される東北各県。とりわけ山形県では15、16日、連続して長井市の家庭菜園がクマに荒らされた。近くには成獣とみられる20センチ以上あるクマの足跡も残され、トウモロコシを皮をむいて食べていったらしい残骸も。クマの怖さを知る地元ハンターは「山と人の住む地域との間に緩衝地帯を設けていく以外、クマの被害を避ける方法はない」と話している。 (柏崎幸三)

 被害があったのは長井市平山の建設業、玉置勝久さん(73)の家庭菜園。家庭や近所に配る野菜をつくっている玉置さんが15日午前4時半ごろ、トウモロコシ畑の防虫ネットが引き下げられ、畑の中でトウモロコシを食べた跡を発見した。トウモロコシは40~50本が根こそぎ倒され、皮と芯が転がっていた。近くには約20センチと8センチの2種類のクマの足跡が残っていた。

 16日午前5時過ぎにも残っていたトウモロコシ約10本が食い荒らされていることを確認。玉置さんの妻、さち子さん(66)は「前日のクマではありません。足跡の大きさが違う」と話す。16日早朝に見つけた足跡は20センチを超え、15日のものより明らかに大きかった。家庭菜園から約5メートルの草むらには、けもの道のように穴が開いていた。

 相次ぐクマ出没に、長井市と長井署は15日から「熊出没中」というのぼりを立て、住民に注意を促した。だが、地元の西置賜猟友会長井支部の伊藤一義副支部長(68)は、より抜本的な対策が必要と訴える。

 伊藤さんは昨年11月、長井市の葉山(標高1237メートル)に生態調査で入った際、農道を約400メートル上ったところで子連れの母グマに飛びかかられ、後頭部から額、左足をかまれる重傷を負った。

 伊藤さんは「以前は奥の山の手前の山が“緩衝地帯”になり、人とクマのすむ場所を分けていた。しかし、人が管理する緩衝地帯は餌が得られ、人も襲ってこないと気づいたクマが安心して下りてくるようになった」と説明する。

 夜行性とされるクマだが長井市内では昼間でも牛の飼料となるデントコーンなどを栽培する畑地で目撃されている。伊藤さんは「住民も草刈りなどをして、人の手を入れて、クマにとって隠れにくく居心地の悪い緩衝地帯の整備を進めなければ食害は収まらない」と強調している。