ペンギンの赤ちゃんの愛称は「あんこ」に決定 鳥羽水族館 - 産経ニュース

ペンギンの赤ちゃんの愛称は「あんこ」に決定 鳥羽水族館

 鳥羽水族館は、4月に生まれたフンボルトペンギンのヒナの愛称を「あんこ」に決定した。6月に公募し981通の応募の中から、飼育スタッフが選んだ。
 あんこは体長約40センチ、体重約3・5キロ。性別は不明。エサのアジを毎日500グラムも食べて順調に成長し、羽も生え替わってきた。「優しくおおらかな性格」という。
 「あんこ」で応募した9人の中から3人に、ペンギンのぬいぐるみをプレゼントするとしている。母親の愛称は「キムチ」で父親は「大豆」。同館で飼育しているフンボルトペンギンは現在57羽。