山形六小、神町中が東日本大会へ

小・中学校将棋団体戦

 文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦(日本将棋連盟、産経新聞社主催)の県大会が8日、天童市の天童中部公民館で開かれ、小学校16チーム、中学校4チームが、盤上に熱戦を繰り広げた。小学校の部は山形市立第六小、中学校の部は東根市立神町中がそれぞれ初出場で優勝、26日に東京都台東区の浅草橋ヒューリックホールで開かれる東日本大会への出場を決めた。

 山形市立第六小のメンバーは冨田明寿(めいじゅ)君(6年)、坂井柚人君(同)、冨田英寿(えいじゅ)君(同)。大将の冨田明寿君は「一生懸命に練習した成果が出た。もっと練習し、東日本大会ではまず一勝したい」と語った。

 東根市立神町中のメンバーは那須桂馬君(2年)、山上心君(1年)、桐原考太朗君(同)。大将の那須君は「チームワークがよく総合力で勝てた。東日本大会に向け練習会を積み、初戦をまず突破したい」と述べた。