新水木しげるロードのPR動画公開 ドローン駆使し影絵空撮 - 産経ニュース

新水木しげるロードのPR動画公開 ドローン駆使し影絵空撮

 鳥取県境港市観光協会は、14日にリニューアルオープンする水木しげるロードのPR動画を作成、ネット上で公開を始めた。小型無人機ドローンを駆使した空撮も交え、新水木ロードの魅力を発信している。
 PR動画は2分間の構成で、協会のホームページなどで紹介している。協会職員が5月から、リニューアル工事中の水木ロードの完成区間を順次撮影し、編集した。広げられた歩道の樹木や、鬼太郎をはじめ再配置された妖怪像の画像が、昭和をイメージしたスイング調の音楽とともに流れる。
 新たに取り付けられた夜間照明で映し出される影絵などは、高度20メートルからドローンで空撮しており、立体的で雰囲気のある内容になっている。
 撮影や音楽を担当した同協会の中井真夫さん(53)は「早朝や夜間を利用して撮影し、新水木ロードの特徴を2分間に凝縮した。動画を見て、ぜひ訪れてほしい」と話している。